スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Q.フィリーズ時代を中心にMLB通算329勝を挙げた名投手ながらマスコミ嫌いとして知られ、プライバシー侵害報道に怒り8年にわたってマスコミに対し沈黙を守ったというエピソードで知られるのは誰?  

前回の記事が「あけましておめでとうございます」から始まっていて、どんだけ久しぶりなんだよと。ついにこのブログも飽きて放置されて廃墟になっていくのか、と思われる頃だと思いますがお久しぶりです。
別に記事を書くのに飽きて放置していたわけではなくて、単に艦これにかまけて「Lewsel」のカードでは1月8日以降まったくプレーしてなかった、というだけの話です。ブログの書き方もちょっと忘れてたりするので今日は時間かかるかなあ。

さておよそ3ヶ月半ぶりのLewselカード起動ですが、今日はベラミさんのシルバーライテ時報マッチが開催されるということで参加してみることにしました。毎年夏の恒例イベントになっている合同誕生日時報がいつもものすごい豪華面子になるので、今日もそれが期待できるということで。ひとえにベラミさんの人脈と人望のなせるわざだと思いますが、ベラミさん主催の時報ならAnAnの古豪の皆さんに久しぶりに会える確率も高いのではないかという読みもあったり。ちょっとした同窓会気分かなw

19:30から13分刻みの5戦予定ということで、19:00過ぎにS松江に到着して「スーウェル」カードで1クレだけ暖気運転。まだAリーグだったりするので心苦しいですが、とりあえずSSで想定されるようなスピード感覚で押してみました。

そして満を持しての時報マッチスタート。まずは記録写真で面子をお確かめあれ。
1930 いきなり濃い 1943 引き続き濃い 1956 さらに濃い
2009 まだまだ濃い 2022 最後まで濃い

ほらね、としか言いようがない古豪たちとの豪華マッチの連発です。まあそもそも自分のプレーが久しぶりなので会う人会う人全部久しぶりなのは当たり前ですが、目論見通りの同窓会気分を満喫することができましたw 主催のベラミさんとはマッチかなわずでしたが、ツイッターを見るとその他にもたくさんのかたがたが参加されていたようです。マッチかなわずも当然だなあ。
詳細はいつものように↓トピックに譲るとして、とにかく楽しい時報マッチでした。主催のベラミさんおよび参加者の皆さんありがとうございました。本日中にテスト合格されたようで、おめでとうございます。阻止したかったなあw

調子そのものは悪いという感じではなくまあ久しぶりにしてはそこそこ押せてたんですが、面子の厳しさによる単純な自分の力不足によって負けを重ね、決勝進出率4割という結果に終わりました。初っ端の2戦の1Rが連続ビジュアルだったのもねえ(負悔  誤答が多めでしたが、面子のきつさからして早めに押さざるを得ない、という意識と、ついでに新問効果も誤答の多さに多少なり関係していたと思います。

さて次の記事までどのくらいの間が空くのでしょうか。

☆今日のトピック

・19:30の1戦目、まずいきなりのフルゲート。皆さんお久しぶりですLewselは生きてましたお懐かしい。1Rビジュアルでいきなり4位に沈み、挽回必至の2Rサバイバルも問題運がなく再び4位。先行逃げ切りタイプとしてはこの時点ですでに絶望的でしたが、結果的には逆転Rの歴地社タイポ誤答で死亡、という情けないスタート。正解が「とっとりけん」だったんですがこれを「とぅ」と誤答w なんの掛け声だよ。その後のスポーツと自然科学を連続で単独正解したのでこのタイポがなければ、といったところでしたがそれも勝負弱さです。面相冷子さんとくのすけさんをお見送りの3位落ち。

・19:43、2戦目。面相冷子さんとは連戦。突然段ボールさんが参加者で、まさぁきさんはゲストだったんかな。皆さんお久しぶりですLewselは生きて(以下略) しかし再び1Rがビジュアルorz あまりにも久しぶりなプレーにセガが罰を与えているのに違いありません。3位タイでまた先行失敗ですが、今回は2R山分けで挽回して混戦に。逆転Rテクニカルはラス問の歴地社を誤答して肝を冷やしましたが、面相冷子さんをポイント差で抑えて2位通過。しかしまさぁきさんとの決勝連想はまったく何もできず3連取されての惨敗。歴地社を思い切って押せなかったのが敗因の全て。

・19:56、3戦目、フルゲート。くのすけさんと2戦目、あと2人はAPASAさんとTOYBOXさん。濃い。皆さんお久しぶりですLewsel(以下略) ようやくビジュアルから解放された、と思ったらカード奪取でも4位。APASAさんの単独獲りは見事だったなあ。歴地社はともかく漫アゲ獲りには脱帽でした。そして2R連想でも趣雑で2誤答して断ラスorz 逆転Rテクニカルも初問歴地社(漢文)を押せなかった時点でほぼ勝負あり。ラス問の語文で誤答して4位落ち。ビジュアルがないほうがひどいではないか。

・20:09、4戦目。またフルゲート。APASAさんと連戦、あと2人は小祝さんとひろPONさん。濃いなあ。皆さんお久しぶりです(以下略) 1R連想では2誤答しつつも10ptで3人1位タイというラッキー展開。しかし2R早押しで2誤答してしまいややビハインドを背負ってしまいまたもピンチに。誤答した1問目の歴地社(ビスマルクがどうたらいう西洋史問題)は「ビスマルク」という単語で反射的に押してしまったあたり艦これの悪影響が見てとれますw 逆転Rテクニカルでも初問の漫アゲを誤答して万事休す。小祝さんとAPASAさんの手堅い押しの前に完敗の3位落ち。そしてSS2降格。

・まあ今日の時報マッチならSS2でも同じような面子になるのは目に見えてるので気にしない。

・20:22、最終戦。面相冷子さんとは3戦目、ギヤマンさんもポンチョルさんもお久しぶり(以下略) 1Rテクニカルでまた4位をやらかしましたが(これで今日の1Rは3/5が4位ですひどい)、2Rサバイバルで挽回して混戦に持ち込み、逆転Rのジャンルに恵まれて逃げ切り通過。ギヤマンさんとの決勝は初問の先方の誤答で流れがこちらに来た感じで、そのまま押し切り勝ち。5戦目でようやく1勝目、という締めくくりでした。

・今日から新問追加だったようですが、それほど問題を覚えてないのでどれが新問かわからない、といういつも通りの感想。あ、さすがにソチ五輪問題は新問だろうな。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 2014/04/25 Fri. 23:57 [edit]

category: Answer×AnswerLive対戦記

tb: 0   cm: 3

Q.起草者はドイツのオットー・ハーンとマックス・ボルン。最終的にはノーベル賞受賞者70名の署名を集めた、1955年に西ドイツのリンダウで開催されたノーベル賞受賞者の会議で配布された反核兵器アピールを何宣言という?  

あけましておめでとうございます。
2014年も当ブログをよろしくお願い致します。

と、1月8日にもなって新年挨拶をするというやや間抜けな事態になっておりますが、今日が今年の初プレーだったので仕方ありません。結局、昨年末から昨日までだった難問タワーには、新年になってからはまったく登らずじまいでした。
最終結果はこんな感じ。
13クレでこれならまあ
この勝率なら101Fにわらわらいたメンバーの中では上のほうのはずなので、777位は101Fの中にいるんでしょうね。

さて、今年の初押しは14:00過ぎ頃からの4クレ。今ブログを見返してみたところ、通常の全国4対をプレーするのは昨年12月11日以来ということで、ほぼ1カ月ぶりです。もう、昔は結構バリバリやっていた趣味を時々ほそぼそとにこにこしながら嗜むおじいちゃん、という趣w
久しぶりの全国4対ということもあって、いつにも増して慎重押しのスタイルでやったのでまったくのスピード不足でしたが、4クレで3-1-0-0と結果としてはOK。年始のタワー明けの平日昼間ということでプレーヤー層が薄かったのかもしれません。

以前のようなクレ数に戻ることがあるのかどうかは微妙ですが、今年もLewselと対戦の暁にはどうかよろしくお願い致します。

☆今日のトピック

・1クレ目、つまり今年の初戦で、日中プレーになってからの宿敵と呼んでもいい(イメージ的には最多対戦)、仙台サンデーさんを引くw 今年もよろしくお願いします。逆転Rの自分投げ歴地社を誤答してしまってピンチでしたが、次の漫アゲで単独正解を獲る僥倖。

・歴地社誤答は次の通り。1950年とか核兵器とか会議とかいう文言が見えた時点で「パグウォッシュ」と「カナダ」に絞って押してしまいましたが、押した次の瞬間に見えた単語が「ヨーロッ/ 」orz 冷静に考えるとパグウォッシュ会議はもう少し後だよなあ・・・と、そこからまったく脳を動かすことができずあえなく誤答。うん、ストックホルム・アピールか。それほどの易問ではなかっただけに余計に残念。

・仙台サンデーさんとの決勝は、語文と漫アゲで押し勝つなどスピード的には上々でしたが、2問目スポーツのラグビー問で誤答したのが命取りでした。宿敵相手に誤答してちゃ勝てませんやね。

・2クレ目はCOM×2。COM混じりでビジュアルを引くと、安心感と物足りない感が混ざった複雑な心境になりますw このクレは危ないシーンがない完全優勝。ビジュアル4問のうち3問が四字熟語左右展開パターンでした。こんな偏りもあるんですね。

・3クレ目もCOM1匹混じりでしたが、2クレ目と同じようなほぼ危なげない優勝。1Rのカード奪取で冷静な押しができたのは良かった。COMの変な誤答のつられ押しをしないように、とだけシンプルに思ってたのが良かったようで。しかし歴地社での「ヨーロッパの王朝・王国」というお題のカードがまったく聞いたことがない単語ばっかりだったのには閉口しましたw 世界史弱いにも程があるな、というのを改めて自覚。

・4クレ目は3クレぶりのオールHUM。積み重ねで歴地社パフェを積めなかったのが響いて(積める問題でした)しようわっこさんに競り負けましたが、その他のシーンではまた危なげなし。しようわっこさんとの決勝ではお互い誤答がありましたが、ラスト2問が 歴→ス というジャンル運に助けられての勝ち。
-- 続きを読む --

Posted on 2014/01/08 Wed. 19:52 [edit]

category: Answer×AnswerLive対戦記

tb: 0   cm: 3

2013年12月成績まとめ(ジャンル別)  

12月のジャンル別成績。
今月もまたやる意味ほとんどなし、というデータ集計です。少クレによる偏りがどれくらい出るのか。
-- 続きを読む --

Posted on 2013/12/31 Tue. 18:37 [edit]

category: Answer×AnswerLive対戦記

tb: 0   cm: 0

2013年12月成績まとめ(形式別)  

毎度お馴染みの月例成績まとめ。
今月のプレーは21クレ。11月は7クレだったので3倍、と思いきや21クレのうち13クレがこないだからの難問タワーなので、全国対戦はわずか8クレなのでありました。
続けることは続けますが、数字が少ないと記録集計に張り合いがないなあw
-- 続きを読む --

Posted on 2013/12/31 Tue. 18:33 [edit]

category: Answer×AnswerLive対戦記

tb: 0   cm: 0

Q.高さは169m。1884年から、エッフェル塔が完成する1889年までの5年間は世界で最も高い建造物であった、着工から完成までに36年を要したというアメリカの首都・ワシントンD.C.にあるオベリスクの名前は何?  

難問タワー3日目、ちびっとだけ登ってきました。前回プレーから中1日です、かつてのプレー頻度ではないかw これで復活の流れ、とはいきそうもない感じではありますけど。

14:00過ぎころにのんびりとスタート。
クレ数的にもちろん上位を狙うつもりもなく、その少ないクレ数での対戦を楽しめればいいや、というスタイルなのでほぼローリスクでの登攀。とりあえず負けても降下がない、という点だけで落ち着いて押せるというところはあります。ハイリスクならCPに届く、という場面でだけハイを使いました。まあ上位を狙っていた(前回までの難問タワー)時でも基本はローでずりずり這い上がるスタイルでしたけどもw

スタートの2戦で難問タワーにはまったくそぐわない突っ込み誤答をやらかしてしまい2連敗スタート。この2戦は実にひどい出来でw、さすがにちょっと反省してその後はひたすら慎重に押してみたところあっさり復調。調子は前回ほどは良くなかったような気もしますが、ジャンル的にもつらい展開が多めだったことを考えると今日も成績的には御の字。

今日の6クレを加えてトータル13クレで100FのCPを突破。100Fで3連敗と持ち前の勝負弱さを全開しましたが、13クレ目の最終戦でなんとか突破し、ちょうど区切りが良いのでそこで今日は打ち止め。
成績はこんな感じ。
難問タワー13クレ終了時
100Fでの3連敗で勝率8割を下回ってしまったのが残念ですが、まあ8割は出来すぎな数字か。この先も期間中ゆるゆるやってみると思います。しかしこれいつものイベント通り日曜日(1月5日)までと思い込んでたんですが、1月7日(火曜日)までやるのね。あと10日もあるw

☆今日のトピック

・1戦目のとらぶちさんとの対戦だったと思いますが、語文で「漢字で、草かんむりに/  」で押してしまうというひどいダイブ誤答をやらかすw Anに出てくる程度の漢字だとほぼ読めるはずなので、「漢字で」という文言が見えた時点で「漢字では『○○』と表記する、~」みたいな問題だと安易に先走り判断してしまった結果がこういうダイブになったわけで。

・この誤答での「あちゃー」という心理的ダメージが意外に尾を引き、2戦目のおげれつさんとの対戦でも2誤答してしまい自滅。ろくにわからないのに押してしまう、という難問タワーで一番やってはいけないパターンの誤答を繰り返し。ひどい立ち上がりでしたw

・さすがにそれ以後は意識して慎重に押してみることにしたらあっさり結果は回復傾向に。難問タワーだとそういう押し方でもまあ通用するんですが、その弊害としてたまにくるベタ問(難易度がそこそこであってもベタ、という問題はどうしてもあります)は全然押せない、という結果になりましたw その割合が低かったのでトータルで何とか競り勝てる、という感じ。

・スタート2連敗の後8連勝。再び勝率を8割に乗せたところで、超お久しぶりのベラミさん登場。いやー久々に対戦できて非常に嬉しかったです。語文を流石の強さで獲られ、それは織り込み済みだったのにこっちは歴地社を押せず。正解あれかなー、という単語は浮かんでましたが、↑の慎重押し継続中だったので押せずでしたw いま調べたら浮かんだ単語で正解だったっぽいなあ、無念w この引き分けで連勝ストップ。

・そこから引き分けラッシュになりw、ローリスクなので1Fずつとぼとぼ登っているところにとうちゅうさん登場。97Fだったのでハイリスクなら100F直行でしたが、リスペクトと遠慮と畏れが自分の中で複雑に混ざってしまってハイは投げることができずでしたw 結果はお互い誤答が1問ずつあっての引き分け。また引き分けか、と思いつつもさっきのベラミさんとの対戦と同じく気分の良い引き分け。

・100Fに到達したところでチケットサービスクレに。負けてもステイだし4戦あるんだから1勝くらいできるだろ、とたかをくくってたら3連敗w 2度目のとうちゅうさんとの対戦では0-20から追いつきましたがエンタメのクラシック問を獲られて競り負け。何戦か前に同じ問題が出ていたので(スルーでした)、その時調べておけば勝ててたのにね。まあでも、とうちゅうさんに通せんぼで止められるということ自体、ウルトラ世代としては喜ぶべきシーンなのかもしれないw

・そのクレの4戦目で何とか勝って100Fを突破。区切りが良いのでそこで打ち止めです。
-- 続きを読む --

Posted on 2013/12/29 Sun. 18:51 [edit]

category: Answer×AnswerLive対戦記

tb: 0   cm: 4

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

閲覧者様

検索フォーム

AnAnブロガーさん更新履歴

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。